PHSと3Gの「HYBRID W-ZERO3」


「HYBRID W-ZERO3」の発売について (WILLCOM)

ハイブリッドというのは最近の流行語のような感じになっていますが、WILLCOMから発表された「HYBRID W-ZERO3」は、PHSと3G(WCDMA/HSPA、docomoのMVNO)の2系統の通信機能を持ったWindows Mobile 6.5スマートフォンです。

image

WILLCOMがWindows Mobile 6.5スマートフォンを開発していると発表したとき、私は冗談半分に「3Gじゃないの?」と思ったものですが、実際は私の想像力をさらに超越し、PHSと3Gの両方を内蔵して出てきました。WILLCOMでハイブリッドといえば、DDIポケット時代の「ハイブリッド携帯端末H’’(エッジ)」を思い出すのですが、H’’が本質的にはハイブリッド(=異なったものの混成物)でもなんでもない単なるPHSだったのに対し、今回のHYBRID W-ZERO3は正真正銘のハイブリッドです。料金とかPHSと3Gとの使い分けとか詳しいことはあまりリリースから読み取れないのですが、PHSは音声、3Gはデータのような使い分けになるのでしょうね。

3Gは下り最大7.2MbpsのHSDPA・上り最大5.7MbpsのHSUPAに対応、PHSは「W-OAM typeG」に対応しています。3G通信モジュールは内蔵、PHS通信モジュールはW-SIMにより提供され、W-SIMスロットに別売りのGSM通信モジュールを挿入することで海外GSMエリアでも利用することができます(GSMのSIMはW-SIMではなく本体にスロットがあるという複雑な仕様です)。もうここまできてしまうとPHSいらないんじゃない?という気もしなくもないのですが、PHSのWILLCOMとしてはそこははずせないのでしょう。

ハイブリッドという圧倒的なインパクトに、他の部分にまったく目が行かないのですがw、Windows Mobileを搭載したスマートフォンとして見てみると「Windows Live専用キー」というのが目新しい感じです。その他の機能は500万画素カメラ、無線LAN(802.11b/g)、Bluetooth(2.0)とスマートフォンの基本をしっかり押さえたスペックです。

この機種が売れるかどうかは、端末そのもののできもさることながら、PHSと3Gのセット料金をどのように設定するかによるのではないでしょうか。PHS部分が主に通話で使われることを想定しているならば、他社スマートフォン料金+500~1,000円くらいでPHSと3Gの両方が使える設定にしないと価格アピールできないでしょう。WILLCOMは今なにかと余裕がないようですが、反転攻勢をかけるつもりがあるならば、ここはひとつ戦略的な料金を期待したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.