P-03BとP-09AとP-04Aを比べてみる


docomo端末は2009年夏モデル「docomo SMART series P-09A」を使っているのですが、2009年冬モデルでは同じSMARTシリーズで「P-03B」という機種が出てきています。で、さらに前の同一コンセプトモデル「P-04A」と3機種のスペックを比較してみたりして。

  P-03B P-09A P-04A
サイズ(mm) 113×50×17.7 110×50×16.5 110×50×13.6
重量 (g) 136 110 105
画面 240×432 480×854 240×432
待受時間 3G:720時間
GSM:320時間
3G:610時間
GSM:260時間
3G:450時間
GSM:190時間
通話時間 3G:230分
GSM:280分
3G:190分
GSM:230分
3G:150分
GSM:170分
カメラ 810万画素
CMOS
320万画素
CMOS
320万画素
CMOS
WORLD WING
(3G+GSM)

(3G+GSM)

(3G+GSM)
HSDPA 下り最大7.2Mbps 下り最大7.2Mbps 下り最大7.2Mbps
HSUPA 上り最大2.0Mbps
GPS
iアプリ
オンライン
iコンシェル
オートGPS
非対応

オートGPS
非対応

オートGPS
非対応

最初におやっと思ったのが、P-03Bは後発モデルなのに画面がフルワイドQVGA(240×432)と、P-09Aよりスペックダウンしている点です。その他よくよく比べてみるとGPSやiアプリオンラインに対応していないなど、P-03Bは単純にP-09A後継というわけではなさそうで、むしろその前のモデルP-04Aを改良したモデルというのが近い感じです。

おそらくP-09Aはスペックをおごりすぎたため店頭販売価格が高くなり、SMARTを求めるユーザー層にマッチしなかったのではないでしょうか(私も購入時に「ちょっと高いな」と思った記憶があります)。それで、P-04AをベースにSMARTのユーザー層が求めそうな「電池のもち」と「カメラ」に特化した改善を行い、スペックとコストを最適化してP-03Bにしたと。SMARTでハイスペックを求める向きにはP-09Aの継続販売と、F-03Bで対応するんでしょうね。

スペックを見比べた結果、当面P-09Aからの買い替えは必要ないという感じで一安心ですが、それはすなわち携帯電話の進化のペースが遅くなっているということも意味しており、少々複雑な心境です。3.9Gが本格起動するまでは、携帯電話としての本質的な機能ではなく、デザインや色などで差別化を図るという時期が続くのかもしれません。

P-03BとP-09AとP-04Aを比べてみる」への3件のフィードバック

  1. えど 投稿作成者

    くまさんコメントありがとうございます。

    > P-09Aは北陸では在庫限りみたいです。

    えええそうなんですか!?

    所有している身びいきかもしれませんが、P-09Aはスペック的にも後半年~1年くらいは現役でいられるはずなので、値段を下げながらぼちぼち継続販売するのかなと勝手に思っておりました。

    (日本の)携帯電話って本当に商品寿命が短いですよね。数か月したらもう型落ちになってしまいほどなく生産停止してしまいます。1年くらいは現役でもいいと思うんですけどね。

  2. くま

    >>管理人様
    ケータイの商品寿命が短い〜
    →本当にそうですよね。今私はドコモでD905iをSBで921SHを使ってますが、どちらもスペックでは現行機種に劣らないかと…
    日本メーカーが海外で太刀打ちできない理由は日本の短命な商品開発サイクルも関係するのかも…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.