月別アーカイブ: 2010年4月

docomoのLTE向けプラットフォーム続報


ドコモ、ルネサス、富士通、NEC、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、シャープの6社が携帯電話向けアプリケーションプラットフォームの共同開発に合意 (docomo)

docomoのLTE向けアプリケーションプラットフォーム共同開発の件、正式にリリースが出ましたね。どうも私が当初思っていたより共通化の範囲が狭いようで、OSはLinuxとSymbianの両方を維持し、アプリケーションLSIに対するドライバや共通ライブラリ部分がメインの共通化範囲、それを中心としてハードウェア層からOS・ミドルウェア層までをその共通化範囲とのインテグレーションおよび検証対象とするイメージのようです。

docomo_platform

「AndroidなどのオープンOSへの対応も検討してまいります」というリリースに添えられた一文が、海外オープンOSに対抗するものではないということを言いたげな感じです。まあ確かに、単にドライバやライブラリを共同開発してコストを下げようという雰囲気ですね。

このプラットフォームを搭載した携帯電話は2011年度後半に登場する見込み。もちろんLTE音声端末でしょうね。発売が待ち遠しいです。

JR札幌駅の広告ビジョンが新しくなっていた


IMG_4864

今日(4/26)、JR札幌駅西改札近くの広告ビジョンが新しくなっていました。従来1枚だったパネルは縦3枚になり、また格段に明るくなりました。今日のところは北菓楼の「開拓おかき」の広告が延々流れていました。別の広告が入ることもあるのでしょうか。

6/30のBASIC認証廃止でTwitterの利用環境が大混乱の予感


6月30日にいきなりtwitterアプリが使えなくなる!?twitterのベーシック認証廃止について (Tweeter.jp)

マイクロブログサービス「Twitter」の認証方法のうち、API呼び出しごとにユーザー名とパスワードを送信する「BASIC認証」がこの6/30に廃止になるという話題です。以前からTwitterでは、セキュリティ上の理由からBASIC認証を廃止する方向で動いていましたが、具体的な期日が決まったことでいよいよ廃止に向けての対策を考える必要があります。

Twitterはあまりにメジャーになって様々な人が様々な環境で使っているので、7/1になって突然自分のアプリが使えなくなり困惑するという人も出てくるのではないでしょうか。現在Twitterアプリを作っている人は(自分も含めて)、7/1以降も使える「OAuth」への移行を急ぐべきでしょう。

利用者の立場から見ると、ユーザーIDとパスワードを入力・設定するタイプのTwitterアプリ・サービスはBASIC認証の可能性があるため、7/1移行に使えなくなるかもしれません。いきなり使えなくなって困惑しないように確認をおすすめします。

個人的に気になっているのは、Xperiaの「Timescape」のTwitter機能がBASIC認証なのではということです。投稿時に「via API」と表示されアプリ名が出ないのでまず間違いないと思います。BASIC認証廃止に向けてXperiaのアップデートがあるかどうか。この対応でdocomo-Sony EricssonのXperiaにかける本気度が試されるのではないかと勝手に思っています。個人的にはぜひ対応して欲しいと思うのですが果たして。

なお、私が開発・サービスしている札幌地下鉄運休情報ボット(@SapporoSubway)は、すでにOAuthに対応しているので問題なしです。

docomo次世代ケータイは各社同じソフトウェアプラットフォームで


今日(4/25)の日経新聞より。シャープ、パナソニック、富士通、NECの4社が携帯電話向けソフトウェアプラットフォームを統一するとのこと。開発はdocomo、ルネサスエレクトロニクスを加えた6社で行い、2011年度に登場するdocomo向けの次世代機(LTEのことでしょうね)に搭載する見込み。

docomoは従来、リスク分散のためソフトウェアプラットフォームを最低2種類維持する方針(現行ではP、NのLinux:MOAP(L)とF、SHのSymbian:MOAP(S))でしたが、iPhoneやAndroidなどの新プラットフォームが台頭する中、一本化を決めたようです。新プラットフォームはLinuxとSymbian、どちらベースになるのでしょうか。個人的にはF・SHのSymbianベースの方が好きなのですが、ライセンス料的な話からいくとLinuxになりそうな。

ソフトウェアプラットフォームの統一といえば思い出されるのがKDDIのKCP+。御存知の通りこのプラットフォームは品質がなかなか上がらず、搭載端末はソフトウェアアップデートが頻繁に行われ、動作ももっさりという惨劇を生み出しました。docomo向けプラットフォームが同じ轍を踏まないように願うばかりです。

また、ソフトウェアプラットフォームを統一するということは、基本的に各社の携帯電話が似たもの同士になる懸念が高まります。国内メーカー同士で競争が無くなりそうなのもちょっと気がかり。

なにより新プラットフォームがどの程度魅力的なものになるのか未知数です。iPhoneやAndroidの影響で携帯電話というものの形状や操作感が根本的に変わりつつある昨今、大画面&タッチオペレーションに対して体系的で拡張可能なAPIを備えて欲しいなと思います。アプリストアの仕組みも必要でしょうね。

日本の携帯電話端末メーカーと言う意味で言えば、今回のLTE導入がほぼラストチャンスだと思います。今回世界進出に失敗すれば、おそらく日本の端末メーカーは未来永劫日本というニッチ市場でしか商売ができなくなるでしょう。日本のケータイマニアとしては素直に応援したいところです。

韓国旅行を準備中


4/29(木)~5/2(日)の4日間、休みを利用して韓国(ソウル)へ行ってきます。今日は荷物の準備を。とは言いながら大した荷物は入っていないのですが。その分ソウルで電化製品を(ry

SH3D0144_org