2009-2010年越し携帯電話通信規制のまとめ


大晦日から元日にかけての深夜、携帯電話各社が通信規制を行いました。以下まとめです。場所は札幌市某所の住宅街。テスト環境は以下の通り。

・docomo:P-09A
・KDDI:SH003
・SoftBank1:821SH
・SoftBank2:iPhone 3G
・SoftBank3:740SC(プリモバイル、主に着信の確認に使用)

—-
[23:59]
音声発着は各社問題なし。au・SoftBankのメールが一部送信エラーになり始める。

[00:03]
docomo「iモードセンターが混み合っています」、au「送信出きませんでした(101)」、SoftBank「送信出きませんでした」が表示され、メール送受信できず。音声発着は問題なし。

[00:09]
この時点でiPhoneのパケット通信を試みるも通信できず。

[00:11]
auが時間がかかるものの送信ができることも。docomo「iモードメールがつながりにくくなっています」、SoftBank「送信に失敗しました」表示。

[00:22]
docomo・au・SoftBankとも、Webはつながるもののメールがつながらず。iPhoneのパケット通信は回復。

[00:30]
auのメール送信が回復。docomoは送れたり送れなかったり不安定。SoftBankは送受信不可。

[00:37]
SoftBankメール送受信可能に。

[00:39]
auがメール受信もできるように。docomoは送信のみ可能。

[00:44]
SoftBank→SoftBankはメール送信できるがSoftBank→docomoがメール送信が出来ない状態。docomo側サーバーが受け付けていない感じ。

[00:45]
寝落ち。
—-

というわけで、私の環境では音声発着信は終始問題なく、Webも時間がかかったものの接続できたのですが、各社ともメールの処理が一番厳しかった感じでした。やはり「あけおめメール」をする人が多かったのでしょうね。今朝(01/01, 08:00)の時点では各社とも通話・Web・メールともに回復していたので、むしろ各社のトラヒックコントロールが上手く働いていたと評価するべきでしょうか。

ちょっと意外だったのがiPhoneで、年が変わった直後は通信が出来ませんでしたが、00:22の時点ではすでに通信ができるようになっており、Webもメールも問題ありませんでした。iPhoneについてはSoftBankのトラヒックコントロールが及ばなかったのではないかと推測しますがいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.