これでSoftBankの白ロムが安心して買える?


ネットワーク利用制限の対象となる携帯電話機を確認するツールの提供について (SoftBank)

ネットオークションなどでいわゆる「白ロム」を購入する場合、その端末が不正に入手されたものだったときに利用制限がかけられるリスクがあります。docomoはすでに端末の製造番号からその端末が不正入手されたものかどうかを検索出来るサイトを提供していますが、SoftBankも1/28より提供を開始するとのこと。

Impressの記事によると、

「○」:利用制限されていない端末
「△」:現在は制限されていないが今後制限される可能性がある端末
「×」:利用制限されている端末

という3段階の判定となります。docomoは制限されているかどうかの2択だったので、よりわかりやすく利用制限のリスクを判断することが出来ると言えそうです。

これに伴い、Yahoo!オークションなどでの製造番号での記載も義務化されるとのことなので、白ロムを買うときはまず製造番号から利用制限の有無を確認するというのがスタンダードになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.