高学歴ワーキングプアの憂鬱


“高学歴ワーキングプア”が急増中!「官製資格ビジネス」に乗せられた博士たちの悲痛 (DIAMOND online)

1990年代の大学院重点化政策の結果大量生産された博士たちが、職につけずに困窮しているという記事です。

研究者のなりそこねとしては、こういう記事を見るたびに胸が痛くなります。こういう世の中ですからみんなが苦しいとは思いますが、最高に頭のいいはずの人たちがそのスキルを生かすことなくくすぶっているのは、国益すら損ねる事態のはずです。

普通の社会人の皆様にはあまりピンとこない話かもしれませんが、まずは現状を知って欲しいと思います。

ちなみに記事中では研究者や非常勤講師の困窮が描かれていますが、もう一点、アカデミックキャリアを中途半端につんでしまうと、それを全て捨てて企業に就職しようとしても年齢は高いし専門が固まってしまっているしということでなかなか職がないということも補足したいところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.