SoftBankの「赤ロム」判定スタート


SoftBankのネットワーク利用制限携帯電話機(いわゆる「赤ロム」)の検索サービスが今日(1/28)からスタートしました。

自分が今使っている電話機が白ロムで購入したものだったので、早速15桁の製造番号を入れて判定してみたところ、

image

というわけで、とりあえず大丈夫そうです。

調子に乗って、オークションに出されている端末の製造番号をいくつか入れてみたところ、一見問題なさそうな端末でも「▲」(今後利用制限になる可能性あり)になるものが結構ありました。これからはまず製造番号をこのシステムで検索して、ネットワーク利用制限の対象になりうるかどうかを調べるのがスタンダードな手順になりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.