KDDIもフェムトセル


「auフェムトセル」の導入に向けたトライアルの実施について (KDDI)

自宅のブロードバンド回線に超小型基地局を接続して、自分の携帯電話だけの小さなエリアを作り出す「フェムトセル」。docomoが「マイエリア」という名前でサービス開始していますが、KDDIも「auフェムトセル」という名前で2010年夏サービス開始を目指して動き出しました。

まずは2010年3月から、関東の一部エリアでKDDIの光ファイバー「auひかり」を契約しているユーザーに個別でお願いしてトライアルをするようです。一般募集は指定ないのでご注意を。

今このタイミングで(cdma2000系列で)フェムトセルを展開するということは、LTE導入後も相当長い期間cdma2000系列は残るのでしょうね。個人的には一気にLTEに切り替えて欲しいのですが、まあ音声通信だけだったらcdma2000でも不便しないですからね。

docomo・KDDIのフェムトセルが見えてきて、次に気になるのはSoftBankの出方でしょうか。回線容量やサービスエリアの都合上、SoftBankはdocomoよりもKDDIよりもフェムトセルが欲しいでしょうから、サービスを始めれば一気に広げるかもしれません。ちなみに今日(2/2)のSoftBank決算発表会での孫社長のコメントによると「粛々と進めていて、2010年中には始めたい」とのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.