ついに日本のケータイもSIMロック解除!?


携帯各社に「SIMロック」解除要請へ 内藤総務副大臣が方針表明 (日本経済新聞)

今日(4/2)に携帯電話キャリアや消費者団体を集めて意見を聞いた結果の判断ということですが、ことの重大さからすれば判断早すぎないですか? もし本当にこれで決定してしまうのであれば、意見を聞くというポーズだけとって結論は最初から決まっていたような気もしないでもなく。

この件について業界関係者やらケータイマニアやらが今まさに喧々諤々という感じになっているようですが、正直(私も含めて)こういう人たちはSIMロックだろうがフリーだろうがなんとでも対応できるわけで、本当に考えなければいけないのは、純粋に携帯電話をただ使っているという大多数のユーザーにいかにSIMロック解除の事をわかりやすく伝えるかだと思います。分離プランの時もかえってわかりづらくなってしまった感がありましたので。

SIMロック解除がメリットがあると総務省が判断するなら、まず総務省が国民に対してそのメリットを説明するべきだと思います。それも「日本の端末メーカーの競争力云々」という視点ではなく、一般ユーザーにとってどのようなメリットがあるのかという点を。

SIMロック解除が消費者にとってどのようにメリットなのか、そのことによって得られるものは何か、失うものは何か、包み隠さずアピールするべきです。はっきり言えば端末は高くなるでしょう。端末が壊れてもキャリアは代替機を出してくれなくなるかもしれません(電気屋で買った固定電話が壊れてもNTTが代替機を出してくれるわけではないですよね)。そういうネガティブ要因を補って余りあるメリットがあるから、だから我々(総務省)はSIMロックを解除するんだと、責任を持って言って欲しい。

分離プランの時のように責任の所在がはっきりしないまま走り出して、結果に対して誰も責任を負わないというのはもうたくさんです。原口総務大臣には「SIMロック解除が政策として失敗だったら、私は政治の世界から引退する!」くらい言って欲しい。そのくらいの覚悟がなければやって欲しくないです。

あ、私はSIMロック解除反対論者では決してないです。むしろスマートフォンやデータカードについては(キャリアがサポートしないという前提のもと)SIMフリーにしていいと思っています。ただそうではない普通の携帯のユーザーがバカを見ないようにして欲しいと思っているだけで。「SIMフリーにしました、キャリアメールは互換性ありません、おサイフケータイは使えません、絵文字もダメです、一部使えない基地局があります、でも選択の自由が広がってよかったね」的な無責任なことにはなって欲しくないです。その辺を業界としっかりすりあわせて進めて欲しいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.