Xperia今度は本当にバージョンアップ、ただし端末初期化に注意


Xperia(SO-01B)バージョンアップのお知らせ (docomo)

先日誤って配信されたXperiaのバージョンアップですが、今日(6/9)正式に配布開始となりました。まずPC接続による配信が開始され、端末本体のパケット通信による配信は明日(6/10)以降開始予定です。前回誤配信でアップデートしてしまった人は(今回のアップデートも同じものなので)適用の必要はありません。

それはいいのですが、

●パソコン接続による方法
①端末初期化を伴う方法 : 提供中
②お客様データに影響しない方法 : 2010年6月9日(水曜)以降準備でき次第提供開始

「端末初期化を伴う方法」って何やねんとw。どうも今現在提供されている方法でXperiaをアップデートすると、端末が初期化される場合があるようです。不安な人は明日以降の配信を待った方が得策かも。しかしこの配慮のなさはdocomoらしくないですね。

アップデートの内容は誤配信の時に報じられたとおり。文字入力「POBOX Touch」でフリック入力に対応したり、Mediascapeのミュージック画面に「mora touch」が追加されたり、タッチパネルの誤操作が低減されたりします。個人的にはTimescapeのTwitter機能がXAuthに対応したことに感心しているのですが、この点を取り上げているメディアはざっと見た感じなかったですね(あったら教えてください)。

スマートフォンは発売直後よりもその後のアップデートによるユーザーケアがその価値を決定すると思っています。今後も継続的なアップデートを期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.