F & T


富士通と東芝、携帯電話事業の統合で基本合意 (富士通東芝

富士通と東芝の2社が、携帯電話事業を統合することで基本合意しました。新会社を設立した上で東芝の携帯電話事業を移管し、富士通が新会社の過半数の株式を取得する予定。

富士通と東芝といえば、富士通の「らくらくホン」と東芝の「かんたん携帯」をめぐって争った間柄ですが、急速な業界再編の前にはそんなことも些細なことなのでしょう。

どうせ端末は両社ブランドで別個に供給されるだろうし、当面大きな動きはないだろうとは思いつつ、

今後、市場が拡大するスマートフォンにおいて競争力の高い製品をタイムリーに提供してまいります。

IS02(T-01B)にAndroidかWindows Phone 7を載せた端末を激しく希望しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.