Twitterクライアント「HootSuite」が日本語対応バージョンアップ


HootSuite

以前より人気のあったカナダのTwitterクライアント(というかWebアプリ)「HootSuite」がバージョンアップし、日本語に対応しました。個人的には以前ちょっとだけ使ったことがあったのですが、公式リツイートに対応していないのがちょっと残念で常用するには至っていませんでした。今回のバージョンアップで公式リツイートに対応したということなので、改めて使ってみようかと。

image

この画面はGoogle ChromeでHootSuiteを表示し、「アプリケーションのショートカットを作成」機能でクライアントアプリっぽくしてみたものです。複数のアカウント(Twitter、Facebookなど)を一括で管理でき、タブで切り替えて見られるのが便利ですね。

肝心の公式リツイートですが、初期設定メニューで公式リツイートを使うか従来の(非公式)リツイートを使うかを選択する仕組みです。個人的にはどちらも使うので、タイムライン上でどちらかを使うかその都度選択できればよかったかなあと。

image

機会をみてもう少しぼちぼちと使っていこうかなあという感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.