iPhone 4に泣く泣くケースを装着してみる


iPhone 4を左手で握ると極端に電波の入りが悪くなるといういわゆるアンテナ問題、私の場合職場や通勤のJRでは(それなりに電波が強いため)それほど影響はないのですが、自宅は壁が金属張りのため他社を含めて携帯電話の電波が悪く、iPhone 4を左手で握ると、バリ5→圏外へ真っ逆さまに電波が落ちますorz(その様子はこちらの記事をごらんください)。

電波の入りが悪くなる原因は、iPhone 4の左下の部分を手で導通させてしまうためということで、ケースに入れて使うと症状が改善されるとのこと。iPhone 4は裸で使ってこそカッコいいと個人的には思っているのですが、背に腹はかえられず、ケースを導入してみました。

買ったのはこんなケース。TPUという、シリコンとプラスチックの間くらいの硬さを持った素材でできたケースです。最近この素材流行っているようで、各社から似たようなケースが販売されています。

IMG_5147

実際に装着するとこんな感じ。

IMG_5149

裏はこんな感じ。「クリア」と書いてありますが、素材としては半透明な感じです。

IMG_5151

やはりケースに入れてしまうと、せっかくのiPhone 4のシャープなフォルムがが3割引になってしまいます。あとこのケースに関して言えば、サイドの音量調節ボタンと上の電源ボタンが相当硬いです。しばらく使っていれば馴染むのかもしれませんが、TPUのケースを買うときにはチェックしておいたほうが良いポイントかも知れません。

肝心の電波ですが…劇的な改善はありませんが、圏外になるかならないかというときに、ケースに入れていると最後の一粘りがある感じです。とはいえその差はとても微妙。ケースを常用するべきなのかどうか、もう少し色々試してみたいと思います。

iPhone 4に泣く泣くケースを装着してみる」への2件のフィードバック

  1. keichan

    いいじゃないですか。iPhone4の裏側はとくに傷つきやすい素材なんだから。
    ケースつけたほうが守られるというもんです。

  2. えど 投稿作成者

    keichanさんコメントありがとうございます。

    > いいじゃないですか。iPhone4の裏側はとくに傷つきやすい素材なんだから。
    > ケースつけたほうが守られるというもんです。

    そうですねもっと前向きに考えることにします…。
    それはそうとこのケース、サイドのボタンがめっさ押しづらいんですよね。開発でスクリーンショットを取ることが多いので、電源ボタンの押しづらさは結構致命的で。この際ですからiPhoneのケースにこだわって、いろんな製品を試してみようかと思っているのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.