CyberLink PowerDirectorでプロジェクトファイルを移動する方法


動画編集ソフト「CyberLink PowerDirector」において、動画の編集情報などは拡張子「pds」のファイルに保存されます。私はこのpdsファイルと、動画編集に使った各種素材(ムービー、画像、音楽などのファイル)を1つのフォルダに入れてワンセットで管理しているのですが、別のHDDにこのワンセットを移動させてからpdsファイルを開いてみると、素材ファイルへのリンクがことごとく壊れてしまいます。

これはpdsファイルが素材のファイルパスを全て絶対パスで管理しているためです。ちょっと困ったなと思いつつ、pdsファイルをテキストエディタで開いてみると、全ての編集情報がプレーンテキストで書いてあったので、テキストエディタで素材のファイルパスに置換をかけて移動後のパスに書き換えたところ、素材ファイルが正常にPowerDirectorに現れるようになりました。もちろん公式にサポートされる手順ではないので、もし実行される時は自己責任で。

私の使い方ですと、素材へのファイルパスはpdsファイルを起点にした相対パスで持ってもらったほうが、プロジェクトのポータビリティを確保できていいのですが、なんとかならないものでしょうか->CyberLink様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.