日本通信がdocomo網でSIMフリーiPhone 4が使えるmicroSIMカードを発売


日本通信、ドコモ網でiPhone 4を快適に使えるマイクロSIMを発表 (日本通信)

前々から発表が予告されていた日本通信のiPhone 4用microSIMカードですが、今日(8/23)正式に提供が発表されました。

提供されるのは、音声通話もできる「talking b-microSIM プラチナサービス」(6,260円~/月)と、データ通信のみの「b-microSIM U300」(1ヶ月2,980円、6ヶ月パッケージ14,900円、1年パッケージ29,800円)の2種。プラチナサービスはiPhoneでの通信は速度制限なし(テザリングは上限300kbps)、U300は従来通り300kbpsです。利用には海外で発売されているSIMフリーのiPhone 4が必要です(iPhone以外の端末には対応しないという噂も)。

内容を考えれば妥当な価格なのでしょうが、6,260円というのはもうメインでガンガン使わないと割りに合わないあ価格で、興味で申し込んでおこうという感じではなくがっかり。SIMフリーのiPhone 4を手に入れられるようなリテラシーの高い(言い換えればマニアな)人向けでしょうね。決して一般ユーザーが気軽に手を出す感じではないでしょう。

個人的に興味があるのはSoftBankの動き。いわば日本通信が「SoftBankは品質が悪いからうちにおいで」と言っているようなものなので、ここで一発意地を見せて品質改善や価格面の見直しを期待したいところ。