Ubuntuのソーシャルクライアント「Gwibber」がTwitterのOAuthに対応


Ubuntu 10.04に標準装備されているソーシャルクライアント「Gwibber」。Twitterの他FacebookやFlickrにも対応する優れものですが、いかんせんTwitterへの対応がベーシック認証だったため、9/1のベーシック認証廃止以来、使用できない状態になっていました。

で、今日(8/4)なんの気なしにUbuntuのアップデートをかけてみると、GwibberがアップデートされてTwitterのOAuthに対応していました。

gwibber_oauth

ぶっちゃけ、Gwibberを常用しているわけではないのですが、なんとなく嬉しくなったのでとりあえず書いてみました。