携帯マルチメディア放送の1枠はdocomo陣営が取得へ


携帯マルチメディア放送、mmbiに認定書交付

携帯電話にストリームや蓄積型の映像・音声番組を配信する、いわゆる「携帯マルチメディア放送」。docomoとテレビ局が出資するmmbiと、KDDIとQUALCOMMが出資するメディアフロージャパンが1つの枠を争っていましたが、結局mmbiが枠を取得することに。

ネット界隈の評判では、この件でmmbiを推す人があまりいなかったのが気になるところですね。私も個人的には、ワンセグ的に大きなアンテナでドーンと電波を吹くmmbiの事業計画より、携帯電話的に細かく基地局を配置するメディアフロージャパンの方が(コストを考えなければ)使い勝手が良いだろうなあと思っていました。ただいくら使い勝手が良くても値段が高くては加入者増は望めないわけで、そういう意味ではmmbiに分があったということなのでしょう。

というか、そもそも「携帯マルチメディア放送』自体、相当頑張らないと事業が立ち上がらないのでは。結局蓄積もできるワンセグ、コンテンツ的には携帯で見るYouTubeやらBeeTVのような感じになるわけで、でもそれらは無料だから利用されているという面もあるわけで。mmbiがいうには「月額300円くらいでなければ加入者は望めない」そうですが、300円でも厳しくないかと思うのです。

ともあれ、免許が与えられた以上はしっかりと事業化に結びつけて欲しいです。アイピーモバイルのようなことがないよう。