docomo新機種発表、お腹いっぱいですorz


発表会のライブ映像もぼちぼち見ていたのですが、すみません、スマートフォン以外はどれがどれだか整理しきれていませんorz。

最大の話題はやはりスマートフォンということになりそうです。自分の周りではREGZA PhoneことT-01Cが感心を集めていたようです。SH-03Cと並んで売れ筋になるのではないでしょうか。

T-01CSH-03C
左:T-01C、右:SH-03C

従来型端末では、個人的にはSTYLEシリーズのN-02Cが気になりました。STYLEシリーズはデザイン優先と侮るなかれ、N-02Cは防水・防塵、Wi-Fi(アクセスポイントモード対応)、GSM、GPS(オートGPS・海外GPS対応)など充実の機能。iコンシェルはこの冬からの新機能であるメモ機能にも対応と、ほぼフルスペックを備えています。

N-02C
N-02C

あと、自分では絶対買わないだろうけどインパクトが強いのが今回のPROシリーズ。なんといっても「ケータイ付きデジカメ」を地で行ってしまったL-03C、プロジェクターを内蔵してしまったSH-06Cは、ユーザー層が狭すぎないかこれ?という印象。これがラインナップ出来てしまうところが大手の強みなのかなと。

L-03CSH-06C
左:L-03C、右:SH-06C

上2機種ほどではないですが、同じくPROシリーズのSH-05Cもフルタッチ+光学3倍ズームデジカメというなんともキワモノな仕様です。これがAndroidだったらと思ったのは私だけではないでしょう。

SH-05C
SH-05C

PRIMEシリーズは…スタンダードなSTYLEとキワモノなPROに挟まれて少々影が薄い感じもしますが、個人的には防水防塵耐衝撃のN-03Cは一度触ってみたい感じ。どのくらいごついのか興味津々。

N-03C
N-03C

こうやってみていくと、スマートフォンのみではなく従来型端末の比重がKDDIやSoftBankよりも大きい印象です。どこの業界でも最大手のユーザーにはコンサバな人が多いので、docomoとしては妥当なラインナップかと。

これで各社、冬春モデルが出揃ったのですが、自分の購入予定はKDDIのIS03意外未定。買う買わないを含めて、時間をかけてラインナップを見たいところです。