SoftBankの冬Android発進!とちょっとしたつまづき


今日(12/10)はSoftBankのAndroid戦略にとって重要な位置づけだったと言えるでしょう。ハードウェアではAndroidタブレット「Dell Streak 001DL」の発売日で、ソフトウェアでは「ビューン」「S-1バトル」「選べるかんたん動画」「ギフトお得便」「あんしん設定アプリ」「おすすめアプリ情報」といったAndroidアプリが一斉に公開された日でした。

ところが「Streak」は発売当日になってソフトウェアに確認すべき事項が発生したということで発売が延期に。ハードとソフトが同時スタートできない事態になってしまいました。

発売日当日になっての発売延期に批判の声もあるでしょうが、当のSoftBankの関係者だって、情熱を傾けて開発してきた端末が発売できないことが悔しくないわけがないでしょう。ソフトウェアをしっかりと再確認して、今度こそ満足できる状態で再スタートを切ってほしいと切に願います。