モバゲーがスマートフォンに、「mobage」として世界展開も


DeNA、全世界に向けてスマートフォン展開を本格開始 ~本日より、スマートフォン版「モバゲータウン」を提供~ (DeNA)
モバゲーのスマートフォン版スタート、海外展開も (Impress)

携帯電話向けソーシャルゲームを提供しているDeNAの「モバゲータウン」が、スマートフォン版のサービスを始めました。当初はiPhone/Androidのブラウザで利用でき、来年春にはアプリも提供するとのこと。また世界的にも「mobage」の名前で展開し、Samsungの端末に「mobage」アプリがプリインストールされるようになります。

というわけで、モバゲータウンの休眠アカウントを引っ張り出してきて早速やってみましたよ。携帯電話で使っていたアカウントを移行するためには、予め携帯電話側で移行手続きを取る必要があります。私の場合は携帯電話側で設定したパスワードを使うことでスマートフォン版にログインしました。

画面はこんな感じ。携帯電話で使っていたデータをそのまま引き継いでいます。アバターは携帯電話版ではなくPC版(Yahoo!モバゲー)の内容になっているようです。

device1device2

最近のモバゲーを象徴する作品ともいえる「怪盗ロワイヤル」はスマートフォンでもデータを引き継いで遊べます。携帯電話版ではFlashになっていたボスとの戦闘アニメーションは、スマートフォン版ではHTML5(というかHTML+JavaScript)でそれっぽく実装されていました。よく頑張って移植したなあという感じです。

device3device4

DeNAといえば、開発会社の囲い込みに関して公正取引委員会の調査が入ったりもしていますが、それとは別レベルの話として、携帯電話の閉じた世界をよくオープンなスマートフォンに持ってきたなと感心してしまいます。「モバゲーが出来ないからスマートフォンにしない」という層はそれなりにいるはずで、今回のスマートフォン対応モバゲーは新たなユーザー層をスマートフォンにもたらすきっかけになるかもしれません。

モバゲーがスマートフォンに、「mobage」として世界展開も」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ITや技術やテクノロジーにアンテナはってみた

コメントは停止中です。