月別アーカイブ: 2011年9月

SoftBankのLTEはAXGP/TD-LTEの「SoftBank 4G」、11月スタート


SoftBank 4G (SoftBank)
業界最速!  下り最大 110Mbps を実現する次世代ネットワーク・サービスを 11 月 1 日より開始 (WCP) :PDF注意

image

今日(9/29)のSoftBank新商品発表会で個人的に一番注目度が高かったのが、WILLCOMから継承した2.5GHz帯を用いた次世代通信システムの発表です。

「高度化XGP」(AXGP)を名乗り、下り最大110Mbps、上り最大15Mbps(もちろんベストエフォートですが)を実現するシステム。その実体は中国などで導入が進むLTEのバリエーション「TD-LTE」と同じものと言われており、統一規格であることのコストメリットや海外端末の導入も期待できます。

このシステムをSoftBankは「SoftBank 4G」として導入を進めます。対応端末第1弾はモバイルWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」で、発売は2012年2月以降の予定(ちなみに2011年11月~2012年2月の間はサービスしていても端末がない状態で、「試験サービス」のようなステートとのこと)。

fig_101si

TD-LTEということでHUAWEIかZTEあたりかと思いきや、「SI」ということでセイコーインスツル(多分)が初号機を出すのですね。電池2個付属という当たり若干地雷な感じもしなくもないですが、むしろそこが(人柱的に)いい感じ。

気になるのはサービスエリアの展開ですが、WCPのリリースによると

提供エリアは、2011 年 11 月 1 日時点では東京・大阪・福岡の一部地域で、2011 年度末には札幌市、さいたま市、千葉市、東京 23 区、横浜市、川崎市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、福岡市、北九州市および上記周辺都市に拡大します。さらに、株式会社ウィルコムから承継した 15 万 7,000 局の基地局設置場所およびソフトバンクモバイル株式会社の鉄塔などを活用し全国の都市部を中心にエリア整備を加速させ、2012 年度末には全国政令指定都市の人口カバー率を 99%とする計画です。

来年春には札幌にも来るのですね。101SIの発売タイミングに間に合うかもしれません。これは楽しみ。

【S-MAX・記事掲載報告】IS12Tアップデート


auのWindows Phone 7スマートフォン「IS12T」にアップデートが配信開始!さっそく適用してみた【レポート】 (S-MAX)

fb9ee09f

au by KDDIのWindows Phone 7 スマートフォン「IS12T」のソフトウェアアップデートが今日(9/28)提供開始されましたのでさっそく適用して見ました。アップデート後はタッチパネルの誤爆が少なくなったような気がします。アップデート前は画面をタッチしているとあらぬ方向に高速スクロールしたり、ブラウザで不意にズームアウトされたり「あれっ?」という挙動が散見されたので、このへんが改善されたのは嬉しいところ。完全に事象が消えたわけではなく、あくまで改善程度ですが。

ちょうどよい(かもしれない)サイズの7インチタブレット「ICONIA TAB A100」ついに日本上陸


エイサー、7インチタブレット「ICONIA TAB A100 マンガロイド」 (Impress)

この間台湾で見かけて「こいつが日本で売られていれば…」とか思ったAcerの7インチAndroidタブレット「ICONIA TAB A100」が国内でも発売されるとのこと。10月下旬以降の発売で価格は4万円前後の見込み。

これは惹かれる…。モバイルWi-Fiルーターとセットで安く出ないかなあとか思ったり。10インチのA500より高いんですね。ATOKのライセンス代とかでしょうか。

#それにしても「マンガロイド」って、ユーザー層を思い切りよく絞りましたね…

打倒ホワイトプラン! au同士の通話が(深夜以外)無料になる「プランZシンプル」


月額980円でau携帯電話同士の国内通話が無料になる「プランZシンプル」の提供開始について (KDDI)

今日(9/26)はau by KDDIの新商品発表会があり、サービス面でも多くの発表がありましたが、基本的にAndroid対応のサービスばかりでWindows Phone 7のIS12Tに手を出した自分には関係なしorz。

というわけでIS12Tでも恩恵に預かれそうな新料金プラン「プランZシンプル」に注目してみたいなと。このプランは月額980円(「誰でも割」適用時)でau同士の通話(午前1時~午後9時)とCメール(こちらは24時間)が無料になるというプラン。Eメールが対象外になっていること以外はSoftBankのホワイトプランと同じ内容になっています。午後9時~翌午前1時までとau以外への通話は21円/30秒と、こちらもホワイトプランと同じ。auでいえばプランEシンプル/プランSSシンプルと同じですね。

プランZシンプルにするかどうかはひとえに「午前1時~午後9時にau相手にどれだけ通話するか」という点にかかってきます。au以外への通話が多いならば無料通話分がつく従来プランのほうが便利ですし、もし午後9時以降も無料通話したいならばau独自の「指定通話定額」も検討対象になってくるでしょう。こうやって考えてみると「同一キャリア内定額」はインパクトはありますが、キャリアから見てそれほど出血大サービスでもない印象で、やはり最初に考えたSoftBankは商才あったんだなあと思います。

提供開始日は9/28と、意外とすぐにサービスが始まりますが、現状auの人に電話をする機会がほとんどない自分にはやはり関係ないかと。結局今日の発表は、自分にとってあまり関係ないものばかりだったようですorz。

【S-MAX・記事掲載報告】海外パケット定額を活用して台湾でスマートフォンを使ってみた


台湾で各社海外パケット定額の使い勝手を徹底比較!海外でスマホを楽しく活用してパケ死しないための秘策は?【レポート】 (S-MAX)

405d2591

せっかくの台湾旅行ネタでしたが、ほとんど全てS-MAXの方に提供してみましたw。海外利用をサポートするアプリの使い勝手なんて海外に行かないと分からないですから、貴重な機会を活かすべく力を入れてまとめてみました。

#IS03も持って行ってKDDIのサポートアプリも試せばよかったorz