HTML5のvideoタグ、混沌の世界へ


Google、ChromeブラウザでのH.264サポート終了へ (ITmedia)

あーあー(溜息)。

Googleが自社のWebブラウザ「Google Chrome」で、動画コーデック「H.264」のサポートを終了し、自社が提唱するオープン標準の「WebM」を推進していくと発表しました。

事情を簡単に説明すると、HTMLの新バージョン「HTML5」に含まれる、動画再生用の「video」タグで、タグの記述方法自体は統一されているのですが肝心の動画ファイルの形式(コーデック)が、ブラウザによってサポートしている形式が異なるのです。H.264はAppleのSafari(iPhone含む)、Internet Explorerの次バージョンなどでサポートされますが、Google曰くH.264は「オープン標準ではない」ということで、自社で別形式「WebM」を提唱しています。

あれ、ということは、AndroidのブラウザもH.264サポートされなくなるのかな? iPhoneとAndroidで別のコンテンツを用意しなければいけないということですよね?それは大いに困るところ。大義名分もわかりますが、名より実をとってほしいなと個人的には思います。

HTML5のvideoタグ、混沌の世界へ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.