SoftBank、ついに緊急地震速報への対応を本格化


「緊急地震速報」への対応について (SoftBank)

SoftBankの緊急地震速報といえば、ネットワーク側はすでに全国対応完了しているものの、対応端末が「831N」1機種で、対応しましたというアリバイ作りと言われても仕方がない状況でした。

しかし東日本大震災を目の当たりにして本気になったようで、2011年度上半期発売の機種から緊急地震速報への対応を広げ、2011年度下半期発売の端末では全機種対応になる見込みとのこと。

スマートフォンについては、X06HT以降のAndroidスマートフォンに緊急地震速報に対応するアップデートを提供し、iPhoneについてはアプリ「ゆれくるコール」のサーバー増強を支援するとのこと。

このタイミングでの力の入れようは、大人の曇った瞳には「緊急地震速報非対応がこれからは販売の致命傷になりかねないと思った」とか写ってしまうかもしれませんが、「やれることを迅速にやる」という意味では実にSoftBankらしいとも感じます。正直遅すぎましたが、かといってやらないよりやるほうがずっといいわけですし、Androidスマートフォンについては過去機種もサポートするなど、評価すべき点はあるのではないでしょうか。

#Androidスマートフォンへの対応が実はC2DMでしたとかそういうオチでないことを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.