BlackBerryはGoogleからBingへ「敵の敵は味方」


MSがRIMと提携、BlackBerryでBing採用へ (マイコミジャーナル)

スマートフォン「BlackBerry」を提供するResearch In Motion(RIM)が、Microsoftと提携してBlackBerryの検索や地図サービスをGoogleのものからMicrosoftの「Bing」に変更するとのこと。

記事内ではスマートフォン先行組としてMicrosoft、Nokia、RIMを上げ、後発組のApple、Googleに追い上げられてきたこれら先行組が「敵の敵は味方」とばかりに提携していると述べています。またHPの「webOS」に対してもMicrosoftが何らかの働きかけをしている可能性を示唆しています。

確かに現状のスマートフォンにおいてAppleとGoogleの勢いは圧倒的で、それ以外のプレーヤーが力を合わせて(?)対抗しようという動きも納得できます。ただこういう提携は得てして「弱者連合」になりがちなんですよね…。

Windows Phone 7の出来は非常にいいですし、BlackBerryの個性は代替しがたいものがあるので、「先行組」の反撃も見てみたいところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.