iPhoneの自動通信について告知が不十分と総務省がSoftBankに指導


スマートフォン自動通信の告知に関するお詫び (SoftBank)

最初こっちの記事を読んで、「iPhoneが自動通信するなんて今さら何を言ってるの」と思ったら、

ソフトバンクモバイル株式会社に対するiPhoneに適用される二段階パケット定額プランに関する広告表示に係る措置(指導)(総務省)

総務省から指導を受けてのお詫び発表だったのねと納得。

iPhoneがユーザーが操作していないときにも勝手に通信して、2段階パケット定額の下限額を超える可能性があることを十分にユーザーに告知しなかったということでの指導です。

今でこそスマートフォンの自動通信は広く理解されていますが、iPhoneが出た当時存在していた従来の携帯電話は「通信はユーザー操作で開始するもの」というのが常識になっていました。そんな中先駆者としてiPhoneを導入したSoftBankには、やはりユーザーに対してiPhoneの通信がどのようなものなのかをきちんと理解できるように説明する義務があったと言えるでしょう。

ただ個人的には、iPhone導入時にパケット定額を義務化(パケット定額が付いていない状態ではiPhoneを契約できない)したSoftBankの施策は一定程度評価していたりもします。他社は論理上スマートフォンの契約からパケット定額を外すことも出来ますから。

今後はSoftBankも他社も「スマートフォンはたくさん、それも意図しないタイミングで通信を行うから通信料が高くなる」というある意味言いづらいことを、きちんとユーザーに説明していくことが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.