自宅の開発環境でSubversion->Git移行を試す


今まで自宅でも会社でも、ソース管理にはSubversionを使っていました。これで別に不便はなかったのですが、ふと「リポジトリを置いている会社サーバーが飛んだら…」とか思ってしまい、リスクを低減できる方法がないものか探したところ、分散リポジトリという考え方に当たりました。

SubversionではSubversionからソースコードをチェックアウトし、変更した後コミットしていましたが、分散リポジトリではリモートリポジトリから手元にリポジトリごとコピーしてしまい、手元のリポジトリでコード修正・コミットした後リモートリポジトリに変更を反映するという感じです。この仕組みだとリモートリポジトリを格納したサーバーが飛んだとしても、サーバー復旧後に手元のリポジトリを書き戻せばいいのでより安全なのではと。もちろんリポジトリごと持ってくるので手元のディスク消費量は多くなりますが、ディスク容量のインフレが激しい昨今こちらはあまり問題にならないのではと。

というわけで分散リポジトリとして「Git」を導入してみました。GitはSubversionからの移行が考慮されていて、「git-svn」という仕組みでSubversionのリポジトリをGitのリポジトリに変換できます(詳細はググってくださいw)。で、変換したリポジトリを手元に置いて、こまごま整理した後であらかじめ作っておいたリモートリポジトリに内容をコピーして移行完了。

さらに試みとして、リモートリポジトリをWindows Live Meshでクラウド共有させてみました。これでリモートリポジトリは自分が使うPCの数々に自動的にコピーされるので、どのマシンでも即開発が可能です(理論上は)。

まずは個人のプログラム環境で使ってみて、うまく行けば会社での導入も検討したいです。分散リポジトリかが実現すれば、ノートPC片手に出先で開発ということもやりやすくなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.