フレッツ光ネクストでのIPv6接続、6/1からトンネル方式で開始、ネイティブ方式は7月から


「フレッツ 光ネクスト」におけるインターネット(IPv6 PPPoE)接続の提供開始およびIPv6アドレスによるインターネットサービスへの対応について (NTT東日本)
「IPv6トンネル対応アダプタ MA-100」の販売開始について (NTT東日本)

IPv4アドレスが枯渇して久しいですが、次世代規格のIPv6に移行しようにも接続サービスが提供されていない状況でした(KDDIが先にIPv6導入を発表していますが)。そんな中、NTTの光ファイバー接続サービス「フレッツ光ネクスト」でのIPv6接続サービスが発表されました。

ややこしいことに、フレッツ光ネクストでは網内(NGN)でもIPv6アドレスを使っているので、単純にIPv6インターネットに接続しようとするとフレッツの中用と外用のIPv6アドレスが割り当てられて正常に通信できなくなるという問題(IPv6マルチプレフィックス問題)があって、それを回避するための方法として「トンネル方式(IPv6 PPPoE)」と「ネイティブ方式(IPv6 IPoE)」という2方式が提供されることに。しかもプロバイダごとにどちらに対応するかが違うというカオスな状態。更にトンネル方式では専用のアダプタ(NTT東日本提供のもので1万円くらい)が必要になります。それでなくてもIPv6の必然性は一般ユーザーに説明しづらいのに、NGNは状況を混乱させているだけのようにも思えます。

うちで契約しているぷららはトンネル方式なので専用アダプタを購入する必要がありますが、半年ぐらい待ってたらブロードバンドルーターに内蔵されたりしませんかね?個人的にはNTTの発表と同時にBuffaloやらLogitecやらがトンネルアダプタ機能内蔵ルーターをバンバン発表すると思っていたのですが、今のところ発表なし。IPv6は早く使いたいのですが、なんとも悩ましいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.