SoftBankの1.5GHz帯エリアは広い?狭い?判断つかない…


データし放題 対応エリア (SoftBank)

SoftBankのデータ通信定額「データし放題」のサービスエリアが公開されています。ちょっと説明が必要ですが、SoftBankは携帯電話用の2GHz帯は「データし放題」のエリアにはしておらず、後から割り当てられた1.5GHz帯のエリアを「データし放題対応エリア」、EMOBILEから回線を借り受けて提供する1.7GHz帯のエリアを「データし放題対応サブエリア」として提供しています。

image

下の方に「データし放題対応サブエリアとして~」という表記があるので、このページで案内されているエリアは「データし放題対応エリア」、つまりSoftBankの1.5GHz帯のみのエリアということになります。いままであまり公にされていなかった1.5GHz帯「のみ」のエリア、わくわくしながら地域を選択すると…。

image

マップじゃないんかいw。まあ確かにエリア「マップ」とは書いていなかったなと。「~の一部」って本当に1箇所だけアンテナ立てても「一部」ですからねぇ。何ともいえないところですが、例えば「札幌市北区」「札幌市東区」「札幌市白石区」など、「一部」と書いていないところもあります。これらの区はそれなりの広さがあるので、1.5GHz帯はそれなりに面的に展開している(所もある)とは言えそうです。

こと北海道に限って言えば、少なくともXiよりはエリア広そうだなあ…。EMOBILEのエリアにも乗れるというのもちょっと面白そうだなあ…。とりあえずDC-HSDPA42Mbps対応の007Zの発売日を待ってみようかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.