地雷ルーターに敗れ、新たなルーターをIYH!AtermWR8370N(HPモデル)


AtermWR8370N(HPモデル) (AtermStation)

DSC_0093

PLANEXの「地雷ルーター」MZK-WG300NXが、無線LANアクセスポイントモードでIPv6が通らないというちょっと信じがたい事象を発生してしまったので、しかたなく以前使っていたBUFFALOの無線LANアクセスポイント(802.11g)を使っていたのですが、一度体験してしまった802.11nの速度は忘れられずということで、今日ヨドバシでこいつをゲット。ヨドバシ価格で6,880円、Amazon(7,896円)より安いのは珍しいですね。実際には更にポイントを2,000円分充当して、約4,800円で購入しました。

もう求めることは「無線LANアクセスポイントモードでIPv6が通ること」だけで、うちにある11n対応機器は2.4GHz帯のみ、しかも幸い自宅近辺には2.4GHz帯無線LANを吹いている家はなさそうということで、最低限の構成を持つこれを選択してみました。発売時期を勘案すると近々後継機種が出るのでしょうが(゚ε゚)キニシナイ!! 会社で同じ機器が安定して動いている実績もありますし。

今のところはIPv6も通り、iPhoneやAndroid端末を収容してKDDIのページで「via IPv6」が表示されています。今度こそ安定動作しますように…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.