SoftBankのDC-HSDPA下り42Mbpsの「ULTRA SPEED」、3,880円/月で7/8開始!


業界最速・最安のデータ通信サービスを提供開始 (SoftBank)

SoftBankの下り最大42Mbpsデータ通信サービス「ULTRA SPEED」の対応端末「007Z」が7/8に発売されます。

softbank_007z

「ULTRA SPEED」は、従来5MHz幅で運用していたHSPA+を2本束ねて、10MHzの帯域幅で通信する「DC-HSDPA」により、下り最大42Mbpsという高速通信を実現しています。

料金プランは定額の「データし放題フラット for ULTRA SPEED」と、2段階定額の「データし放題 for ULTRA SPEED」の2種類。11/30までに契約するとキャンペーン価格が適用され、「データし放題フラット」が3,880円/月、「データし放題」が1,400~4,980円/月で提供されます。

サービスエリアはSoftBankの1.5GHz帯「データし放題対応エリア」と、EMOBILEのMVNOとして提供する1.7MHz帯「データし放題対応サブエリア」。SoftBank携帯電話やiPhoneで使っている2GHz帯とはサービスエリアが異なるのに注意が必要ですが、逆に言えばあまり使われていない1.5GHz帯を使えるのでパフォーマンスはそれなりに期待できそう。

個人的にすごく面白いと思うのですが、Xiの展開やTD-LTEも気になりますし、既にスマートフォンで支払いがパツンパツンですしw、なんとも悩ましいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.