Google+のInstant UploadをiPhoneやデジカメでも使いたい! 「Eye-Fi」を使って何とかやってみた【ノウハウ】


GoogleのFacebook対抗SNS「Google+」。大きな特徴の一つとして、Android端末にGoogle+アプリをインストールすると、端末で撮影した写真が自動的にGoogle+にアップロードされる「Instant Upload」があります。この機能をAndroid端末以外(具体的にはiPhone)でも使いたいと思ったのが事の始まり。

実は「Instant Upload」の仕組みはGoogleのオンラインアルバムサービス「Picasa ウェブ アルバム」(以下単にPicasa)を用いて実現されており、Picasaの「Instant Upload」というアルバムに写真をアップロードすれば、Google+がInstant Uploadに写真が追加されたと認識する仕掛けです。

picasa_webalbum_instant_upload_001

というわけで、「Instant Upload」アルバムにiPhoneから写真をアップすればいいのですが、今回はその手段として「Eye-Fi」を使ってみました。「Eye-Fi」の本来のサービスは、Wi-Fi機能内蔵のSDカードを使って、デジカメで撮影した写真がかたっぱしからオンラインサービスにアップロードされるというものですが、iPhone用アプリを利用すればiPhoneで撮影した写真を同じようにアップロードすることができます。

試行錯誤の結果、以下のような設定になりました。Eye-Fiの「オンラインサービス」としてPicasaを追加し、以下のように設定します。ミソはアルバム名で「カスタムテキスト」を選択して「Instant Upload」と設定することと、『「Eye-Fi」をアルバム名に追加する』のチェックを外すこと。この2つの設定をしっかりすれば、Instant Uploadへの写真アップロードが可能になります。

picasa_webalbum_instant_upload_002

あと本質ではないのですが、Google+が有効になった状態のPicasaでは幅または高さの大きいほうが2048ピクセル以下の画像は容量制限にカウントされず、無限にアップロードできるので、写真のサイズとして1600ピクセルを指定します。もちろんそれ以下でも大丈夫です。「容量制限なんて(゚ε゚)キニシナイ!!」という豪気な方は「オリジナルサイズ」でも大丈夫。

picasa_webalbum_instant_upload_003

ここまで設定が完了すれば、あとはiPhoneのEye-Fiアプリで写真を指定して、先ほど設定したPicasaを選択してアップロードすればOKです。

picasa_webalbum_instant_upload_004

アップロードされた写真がこちら。カメラとして「iPhone 4」と記録され、撮影した位置情報も記録されています。

image

なお今回の設定の副産物として、SDカード版Eye-Fiでも同じようにInstant Uploadが可能になります。つまりEye-Fiカードをデジカメに入れてバシャバシャ撮りまくれば、撮ったそばからInstant Uploadされ、後でいつでもGoogle+で共有できるというわけです。実際にEye-Fiカードでアップロードした写真がこちら。カメラとして「COOLPIX S500」と表示されています。

picasa_webalbum_instant_upload_005

Picasaの「Instant Upload」アルバムに写真を追加すればInstant UploadされたことになるというGoogle+の仕組みは、Eye-Fi以外でも色々と応用が効きそうですね。もちろんオフィシャルな利用法ではないでしょうから、試される方は自己責任でお願いいたします。

Google+のInstant UploadをiPhoneやデジカメでも使いたい! 「Eye-Fi」を使って何とかやってみた【ノウハウ】」への3件のフィードバック

  1. ishida

    こちらの記事を参考に「Instant Upload」アルバムに写真をuploadしたのですが、Google+上に写真が現れなかったです。
    iPhoneだけではダメなのでしょうか?一回、AndroidのInstant Upload機能を使用しないとダメとか?
    済みません。一つ前の投稿は間違ってreturnキーを押してしまったので、削除頂けると助かります。

  2. えど 投稿作成者

    ishidaさん>

    Google+の新規アカウントを取得した直後は、そもそも「Instant Upload」アルバムが存在しない状態です。この状態でEye-Fiから「Instant Upload」というアルバムを作っても、そのアルバムはGoogle+からうまく連携されないのではないでしょうか。
    つまり、

    > 一回、AndroidのInstant Upload機能を使用しないとダメとか?

    これが正解と思われます。AndroidのInstant Upload機能で写真をアップしたときに作成される「Instant Upload」アルバムが必要ということかと。

    ともあれ当方でも一度新規Google+アカウント+Eye-Fiで環境を作って動作確認したいと思いますので、今しばらくお待ち下さい。

  3. えど 投稿作成者

    ishidaさん>

    改めてGoogle+のアカウントを新規に作成し、一回もInstant Uploadしていない状態でEye-Fiの設定をしてやってみました。

    …やっぱりGoogle+側には反映されませんorz。

    というわけで、上記のテクニックを使うためには、まず1回はAndroid端末からInstant Uploadをして「Instant Upload」アルバムを生成させる必要があるということが判明しました。情報ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.