フレッツ光ネクストのIPv6 IPoEサービスが本日開始、対応プロバイダがPPPoEよりずいぶん少ないような


フレッツ 光ネクスト IPv6 IPoE対応プロバイダ (NTT東日本)
フレッツ 光ネクスト IPv6 PPPoE対応プロバイダ (NTT東日本)

フレッツ光ネクストのIPv6インターネット接続サービスにはIPv6 PPPoE方式(いわゆるトンネル方式)とIPv6 IPoE方式(いわゆるネイティブ方式)があり、PPPoEは6/1にサービス開始済、IPoEも今日(7/21)サービス開始されました。

問題はどのプロバイダがどちらに対応するかという点ですが、NTT東日本は地域別にそれぞれに対応するプロバイダのリストを作成しています。IPoEのリストは今日公開されたので早速見てみましょう…。

image
(東京地域)

えっこれだけ? だってPPPoEの方は同じ地域でこんな感じですよ?

image
(東京地域、実際にはまだまだ下に続きがある)

しかもIPoE方式のサービスを開始した今日(7/21)時点で実際にサービスが利用できるのはIIJmioのみ。さらにIPoEに対応を予定しているプロバイダのうち、21ip.jp、IIJmio、VECTANT、αWeb(大塚商会)はPPPoEにも対応(しかもこちらはサービス開始済)。IPoE一本で行くのは当面@niftyとBIGLOBEのみって…。フレッツ光ネクストのIPv6インターネット対応では方式についてプロバイダ間で意見が割れたという話でしたが、これを見ると趨勢はPPPoEで、IPoEは少数意見だったということでしょうか。意見が半々くらいだったら2方式並立も仕方ないと思えますが、ここまで偏っているならPPPoEに一本化できなかったのかなと素人考えしてしまいます。

これだけPPPoEが一方的ならば、ブロードバンドルーターにIPv6 PPPoE機能が搭載されるのも時間の問題かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.