携帯電話のデータ定額は見直しの機運?


ソフトバンクモバイル、いずれデータ通信定額の見直しを検討へ (GIGAZINE)

以前ヨーロッパの携帯電話料金を調べたことが有りましたが、「500MBまでいくら」とか「2GBまでいくら」という制限付き定額制が主流でした。ヨーロッパがそうだから正しいと言うつもりはまったくありませんが、携帯電話システム全体を大きく捉えたときに全ユーザーが通信できる総量には限りがあるのは明白で、そういう意味では「いくら使っても定額」というのは原理的に無理があるでしょう(電波という限られた通信リソースを使う携帯電話はなおさら)。

ただ、現在のパケット単価のまま単純に従量制に移行するのもまた困るわけで。実際にはXiのような「5GB/月までは定額、超えたら追加課金」のような形が現実的かと思います。このような料金を導入する際は、ユーザーが通信料を明確に確認できる仕組み(Androidのウィジェットで日々の通信料を見られるとか)も事業者には同時に提供して欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.