液晶保護フィルムをきれいに貼る秘訣はセロテープにあり


住友スリーエム [スコッチ] 透明粘着テープ 透明美色 (巻芯径25mm) 19mm×20m ディスペンサーつき CC1820-D-J (Amazon.co.jp)

携帯電話の画面に保護フィルムを貼るとき、ホコリや気泡が入ってイライラすることが多かったのですが、「セロテープを使って後からホコリを取ればいい」ということを知ってからはずいぶん気が楽になりました。最初に貼るときにはホコリや気泡を気にせずひとまず位置だけをきっちり合わせて貼りつけてしまい、そのあとで保護フィルムにセロテープをつけて持ち上げ、別のセロテープでホコリを注意深く取っていくと、大きく失敗することもなくホコリをきれいに取り除くことができます。ホコリさえ入っていなければ気泡は画面端に押し出すことができます。

今日もIS12Tに貼った保護フィルムの裏にホコリが入っているのを見つけてしまったので、ちまちまとセロテープでホコリ取り。ascii.jpかどこかで紹介されていたオススメのセロテープが上記の「透明美色」シリーズです。ふつうのセロテープでも大丈夫なのですが、このテープは粘着力が強くホコリが取りやすいことと、テープ自体からホコリが発生しにくいことから作業が楽な印象です。

最近では「絶対気泡ができない」というタイプの保護フィルムも出回ってきていますが、このタイプは仕組み上画面枠の部分が透明でないので、画面枠部分に照度センサーやインカメラなどがある場合はその部分がくりぬかれており、あまり仕上がりが美しくない場合があります。そういう場合に備えてセロテープテクを鍛えておくのも悪くないかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.