docomoの「Xi」、通信料上限を7GBに拡大&超過時速度制限で「定額」!?


新たなXiデータ通信専用プランを提供開始 (docomo)

docomoの次世代通信サービス「Xi」は、従来データ量の上限を5GBとして、それ以上は追加料金を払うか通信させなくするかの2択でした。それに対して今回発表されたプランでは、上限を5GB→7GBに引き上げ、さらにそれを超過した場合には1)速度制限(128kbps)、2)追加料金を払う(2GBごとに2,625円)という形になり、完全に通信できなくなる事態を廃して自称「完全定額」を実現したことになります(なお上限超過時の速度制限は2012年10月1日から導入予定、それまでは制限なし)。

今回導入されたのは、7GBまで同一料金の「Xiデータプラン フラット」と、

08_01-108_01-2

いわゆる2段階定額の「Xiデータプラン2」。

08_01-308_01-4

従来提供されていた「Xiデータプラン」も、データ量の上限および超過時の扱いが統一されます。

08_01-508_01-6

「Xiデータプラン2」と「Xiデータプラン」は基本的な考え方は同一ですが、Xiデータプラン2では料金の加減が値上げ(1,000円→2,500円)となっており、ちょうど「パケ・ホーダイダブル2」と「パケ・ホーダイダブル」のような立ち位置になっています。ということはやはり「Xiデータプラン2」(と「Xiデータプラン フラット」)申込時には端末割引(「月々サポート」)の額が大きくなることはありえそうです。

今回の発表はあくまでデータ契約の料金であり、今冬に予定されているXiスマートフォンの料金体系が同一になるとは限りませんが、基本的な考え方はそれほど大きく変わらないでしょう。つまり、1ヶ月の通信料に上限を設け、超過時は速度制限or追加料金という型式ですね。

個人的には2段階定額のデータ量をもう少し見なおしてもいいのではと思っています。5GBだ7GBだ言っているときに、たかだか20MBくらいで上限に達するというのはどう考えても不自然ですよね。段階制にするならば1,000~2,000円/GBというのが、トータルの通信量上限から考えて妥当かと。

ちなみに私のAndroidスマートフォン(Xperia arc)の先月(8月)通信量は780MBほど。屋内ではWi-Fi運用ですし、屋外ではWebサイトやTwitter中心ですので少ないほうです。個人的には7GBあれば十分といった趣だったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.