SoftBankのLTEはAXGP/TD-LTEの「SoftBank 4G」、11月スタート


SoftBank 4G (SoftBank)
業界最速!  下り最大 110Mbps を実現する次世代ネットワーク・サービスを 11 月 1 日より開始 (WCP) :PDF注意

image

今日(9/29)のSoftBank新商品発表会で個人的に一番注目度が高かったのが、WILLCOMから継承した2.5GHz帯を用いた次世代通信システムの発表です。

「高度化XGP」(AXGP)を名乗り、下り最大110Mbps、上り最大15Mbps(もちろんベストエフォートですが)を実現するシステム。その実体は中国などで導入が進むLTEのバリエーション「TD-LTE」と同じものと言われており、統一規格であることのコストメリットや海外端末の導入も期待できます。

このシステムをSoftBankは「SoftBank 4G」として導入を進めます。対応端末第1弾はモバイルWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」で、発売は2012年2月以降の予定(ちなみに2011年11月~2012年2月の間はサービスしていても端末がない状態で、「試験サービス」のようなステートとのこと)。

fig_101si

TD-LTEということでHUAWEIかZTEあたりかと思いきや、「SI」ということでセイコーインスツル(多分)が初号機を出すのですね。電池2個付属という当たり若干地雷な感じもしなくもないですが、むしろそこが(人柱的に)いい感じ。

気になるのはサービスエリアの展開ですが、WCPのリリースによると

提供エリアは、2011 年 11 月 1 日時点では東京・大阪・福岡の一部地域で、2011 年度末には札幌市、さいたま市、千葉市、東京 23 区、横浜市、川崎市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、福岡市、北九州市および上記周辺都市に拡大します。さらに、株式会社ウィルコムから承継した 15 万 7,000 局の基地局設置場所およびソフトバンクモバイル株式会社の鉄塔などを活用し全国の都市部を中心にエリア整備を加速させ、2012 年度末には全国政令指定都市の人口カバー率を 99%とする計画です。

来年春には札幌にも来るのですね。101SIの発売タイミングに間に合うかもしれません。これは楽しみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.