GALAXY SII WiMAX ISW11SCの画面ムラについて店頭展示端末をじっくり見てみた


タイトル通りの話なんですけどね。

ついにauから発売されたGALAXYシリーズということで注目度の高いISW11SCですが、有機ELの宿命か画面の色や明るさにムラがあることが報告されています。私の端末では画面上部にうっすらと青く見えるエリアがありました。

auショップにも相談に行ったのですが「(画面の)どこですか?」とか言われてしまって、そもそも問題意識の共有ができませんでしたorz。そのくらい微妙なムラということなのでしょう。

で、他の端末はどうなんだということで、複数の店頭展示端末をじっくりと見てみたら、ほとんどすべての端末でムラを観測することができました。展示端末は明るさが最大になっていることが多くて目立たないのですが、明るさを下げてあげるとよく見えるようになります。ムラのある(画面内の)箇所はまちまちで、これは本当に個体差といった感じ。

有機ELは素子自体が発光するため、原理的に素子ごとの明るさや色のばらつきが大きくなりやすいといえます。気にしなければどうということはない範囲なのでしょうが、有機EL自体「美しい画面」を売りにしていることが多いため「こまけぇこたぁいいんだよ!!」というのはちょっと違うよなと。液晶と比べて歴史が浅い分、まだ最適化の余地があるのかもしれません。

どうしても気になるとというあなたは、明るさを最大にすると目立たなくなるようです。ただ今度は焼き付きとかが気になってしまうのでバランスは自己判断で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.