AdSenseがモバイル対応強化、AdMobのスマートフォンサイト向け広告は5/1で終了へ


Mobile becomes a core part of AdSense for content (Google Mobile Ads Blog)
Mobile becomes a core component of AdSense (Inside AdSense Blog)

Googleの広告配信サービスはもともとからあった自社サービスの「AdSense」と、買収したモバイル向けの「AdMob」がありましたが、重複していたサービスの整理が進んでいます。すでにAdMobの携帯電話サイト向けサービスは廃止(AdSenseに移行)されていますが、さらに今回AdSenseにスマートフォン向け広告が統合され、通常の広告の1バリエーションとしてスマートフォン向け広告(320x50px)が使えるようになりました。

mobilescreenshot1

これに合わせて「モバイル コンテンツ向け AdSense」のスマートフォンサイト用広告と、AdMobで(まだ廃止されずに)提供されていたスマートフォンサイト向け広告は5/1以降利用できなくなります。現状Webサイトに貼り付けているこれらの広告コードは5/1までに更新する必要があります。なお「モバイル コンテンツ向け AdSense」の従来型携帯電話用広告は現状どおり継続します。

これで「AdSense=Webサイト用」「AdMob=アプリ用」という棲み分けが完成することになりますね。

個人的に気になるのは「dfpスタンダード」の対応。すでに(モバイル扱いではなく)通常のウェブサイト用としてモバイル(320x50px)の広告枠が作成できるのですが、配信される広告の内容が普通にPC用(サイズだけモバイル用になる)です。いつか対応されるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.