「プラチナバンド」700MHz帯、docomo、KDDI、EMOBILEへ


総務省、700MHz帯の割当先を携帯3社に正式決定 (ITmedia)

審査が行われていた700MHz帯(10MHz幅×2×3社)は、結局NTTドコモ、KDDI、イー・アクセスの3社に割り当てられることになったそうです。

先行して900MHz帯が割り当てられたSoftBankとともに、これで国内4事業者全てが電波伝播性に優れるいわゆる「プラチナバンド」での運用が可能になります。これから先は「うちはプラチナバンドがないから」という言い訳は各社通用しなくなるわけで、純粋に実力勝負ということになるのでしょう。

とはいえ700MHz帯は現在の使用者(特定ラジオマイクとFPU)を移行させなければならないので、携帯電話用としての運用開始は2015年とのこと。随分先ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.