VPSを借りてブログを引っ越してみた


VPS(Virtual Private Server)は、仮想化技術を利用した管理自由(root権限付与)のサーバーを提供するサービス。いわゆるレンタルサーバーと異なり自分でなんでも設定しなければなりませんが、逆にそれができるならばサーバー設定の自由度は比べ物になりません。

個人的に今までVPSにはあまり魅力を感じていなかったのは、「運用の素人が色々いじって不安定にするくらいだったら、プロが管理してくれるレンタルサーバーの方が安心」と思っていたからです。

ところがこの前のファーストサーバの事件があり、プロの管理も必ずしもあてにならないということで、うちのブログもバックアップの体制をいままで以上にしっかり作らなければなと思った次第です。そこでWordPressプラグイン「BackWPup」で定期的にブログ全体のバックアップを取ろうと考えましたが、今ホストしているレンタルサーバー(CORESERVER)ではPHPセーフモードの関係でBackWPupがうまく機能しません。

一方でAmazon AWSの無料期間(アカウントを作ってから1年)が切れてしまい、今までなんとなく運用していたサーバーに料金がかかってしまっていたので、これを機会にVPSを借りてサーバーを1箇所にまとめようと思い立ちました。

今回チョイスしたのはGMOクラウドのVPS。GMOクラウド自体も業務で使い慣れているのでそちらでも良かったのですが、コスト面(VPSの方が同じスペックを安く使える)のと、当面1台しか使う予定がないということでVPSの方を選択しました。すでに今ご覧になっているこのブログはVPSで動いています。

また今回の目的であるバックアップはBackWPupを用いてAmazon S3にバックアップを取るようにしてみました。バックアップ先はコストを見ながら今後検討していきます。

今のところ問題なく動作している様子です。CORESERVERの方ももう少し残しておきつつ移行を進めていこうかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.