自宅の冷蔵庫が壊れた


自宅の冷蔵庫(東芝 GR-38NB)ですが、あるときから冷凍庫が十分に冷えなくなって、冷凍食品や氷が融けるようになりました。

ある日気づいたのですが「一気冷凍」と「一気製氷」ボタンのランプが点滅していました。説明書によるとこれは冷蔵庫に異常が発生しているサインとのこと。説明書にはこれ以上のことは書いていなかったのですが、やっぱりインターネットは便利なもので、こんなまとめ記事が。

東芝製冷蔵庫 一気冷凍・一気製氷点滅

これによるとうちの場合は一気冷凍1回、一気製氷3回なので「モーター、ヒューズ、基板」が異常箇所とのこと。確かに修理内容には「ヒューズ」と書かれています。

うちの場合にはこのほか除霜センサーも交換となり、諸々で13,000円ほどの修理代に。予定外の出費でしたが、完全に壊れてしまう前に冷蔵庫が警告を発してくれるのはありがたいともいえますね。

自宅の冷蔵庫が壊れた」への2件のフィードバック

  1. ラテ

    うちの場合は2年前のお盆時に冷蔵庫の冷凍庫以外の部分が故障しました。
    結局買い換えましたけどね。
    13,000円で修理が済むのはいいほうかも!?
    夏時はとくに困ると思いますが、早く修理完了するといいですね。

  2. えど 投稿作成者

    ラテさん>

    お陰様で13,000円程度で完全復活とあいなりました->自宅の冷蔵庫。5年程度しか使っていないのでまだまだがんばってもらわねばという感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.