【読書】Windows 8 スーパーマニュアル(富士ソフトに思いをはせながら)


Windows 8 スーパーマニュアル (Amazon.co.jp)

ヨドバシでWindows 8の予約コーナーのところに置いてあったのを見かけて、そのあと紀伊國屋で購入しました。著者がシステム開発会社「富士ソフト」となっています。

秀和システムだし技術本サイズで厚みも結構あるのでハードな内容なのかなと思いつつ、フルカラーでWindows 8の操作方法をステップバイステップで解説した初心者向けの内容でした。Windows 8って何者?という人はもちろん、ある程度Windows 8体験済みの人でも、操作体系を網羅的に確認できるという意味では悪くない内容です。

…内容自体は悪くないのですが、誤植はそこそこあります。いくらなんでも「無線RAN」はないだろうw。また「言葉へのこだわりがないのでは」と感じさせる記述が随所にあります。

・「Windows8」と「Windows 8」が混在(Microsoft公式記述は後者)
・「Cookie」と「cookie」が混在(どちらも使われるが同じ文章の中では統一するべき)
・「Internet explorer」(公式記述は「Internet Explorer」)
・「Windows LIVE」(公式記述は「Windows Live」)
・「X box」(公式記述は「Xbox」)
・「office Web App」(公式記述は「Office Web Apps」)
・「office365」(公式記述は「Office 365」)
・「One Note」「one note」(公式記述は「OneNote」)

言っている事はわかるのですが、この微妙な用語のずれが文章を素人くさく感じさせてしまいます(物書きを生業とする人はこのような用語にものすごく気を使います)。

執筆者(=末端で手を動かして原稿を書いた人)が、本来執筆を生業としていないのかなあと。著者が富士ソフトなだけに、システム開発の空き要員を執筆に回したのではとも邪推してしまうのは心が汚れている証拠ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.