月別アーカイブ: 2013年10月

BlackBerryのメッセンジャー「BBM」を試す


前回記事で話題にしたBlackBerryのメッセンジャー「BBM」を試しましたよと。手持ちのiOS端末とAndroid端末に1台ずつ設定して一人寂しくチャットしてみました。ほぼリアルタイムで相手側に反応されいい感じです。ただiOSとAndroidだけで使うならばわざわざBBMである必要もないよなとなんとなく。

bbm_001

Android版でステータスバーにBBMのアイコンが表示されっぱなしにあるのが個人的にちょっと気になりました。このアイコンは設定画面で消せるのですが、消すと「BBMメッセージが配信されないことや、遅延が生じることが」あるそうです。おそらくリアルタイム受信のServiceを常駐させる必要があってのことなのでしょうが、素直にGCMじゃないんですかね。

bbm_002

あとこのBBMでは、同じアカウントを複数端末に設定することができません(LINEと似ていますね)。他の端末にアカウントを設定すると、以前の端末からは紐づけが解除される仕組みです。個人的にはFacebook メッセンジャーやハングアウトのように複数端末に設定できたほうが嬉しいのですが。

BlackBerryのメッセンジャー「BBM」がiOSとAndroid向けに登場、だが自分はまだ試せず


BBM for Android and iPhone is here for free (BlackBerry)

もともとBlackBerry向けに提供されていたメッセンジャーアプリ「BBM」がiOSとAndroid向けにも提供開始されました。

image

個人的にメッセンジャーアプリは相手がいないのに結構試します。このBBMもさっそく試そうとしたのですが、

bbm

そうかアカウントがいるんですねそりゃそうだ。というわけでメールアドレスを入力したのですが、今日1日待って今のところ音沙汰なしです。ユーザーが殺到しているようですので、もうしばらく待たなければならなさそうです。

【S-MAX・記事掲載報告】「スマホのちょっと深いとこ」:Androidの「バックグラウンドデータ」


古いAndroidではバックグラウンドデータ通信を無効にできないかも!? 「バックグラウンドデータ」設定の意外な裏側【吉川英一の「スマホのちょっと深いとこ」】 (S-MAX)

bc0595d2

一言で言ってしまえば「Android 4.0未満のバックグラウンドデータ設定はあてにならない」となります。もう一言だけ補足するならば「Android 4.0未満ではバックグラウンドデータの設定を見てアプリが自分で通信するかどうか決めなければならない」という、利用者にとっても開発者にとっても誰得な仕様になっているわけです。

端末に「バックグラウンドデータ」という設定項目があってON/OFFできるなら、OFFに設定したときにはOSがバックグラウンドデータをブロックするのが常識的な動作ですよね。Androidでは4.0になってようやくそうなったということです。

今回はサンプルアプリを作って実際にAndroid 2.3と4.0の端末で動作確認しています。余談ですが以前iOS 7のマルチタスキングについて紹介した時も(記事内では取り上げませんでしたが)常に数字をカウントアップし続けるアプリを作ってバックグラウンドにした時にカウントアップが止まること(=iOS 7でもバックグラウンドで無条件にアプリが動くわけではないこと)を確認したりしています。いつもこうできるとは思っていませんが、開発系のネタを取り上げるときは可能な限り自分で動きを確認して記事にしていければと思っています。

iOS版「ハングアウト」アプリがバージョンアップして不自然なフォントが修正される


google_hangout

Googleのメッセンジャーサービス「ハングアウト」のiOS向けアプリがバージョンアップして1.3.0となりました。このバージョンではハングアウトアプリから一般電話回線に電話を発信できる機能が追加されたことが大きな話題ですが、個人的には前バージョンでフォントが不自然に(CJKフォントに)なっていた)のが修正されたのがうれしいところです。これなら万人にオススメできますね。

ハングアウト、もっと話題になっても良いサービスだと思いますが、今一つ影が薄いですね。みんなLINEなのでしょうか。

【買った】【到着待ち】USB電圧・電流計


【USB機器用】 USB機器の性能・不具合チェックに! USB電流&電圧チェッカー DN-10140 [メ06] (上海問屋)
スマホの充電トラブルはお手のもの――「USB電流&電圧チェッカー」 (ITmedia)

image

このモバイルバッテリーでこのスマホ充電できるのかしらとかいうのを定量的に把握するために、前々からこういうのほしかったんですよね。ITmediaのニュースで存在を知りましたが、こういう製品自体は前からあったみたいですね。ともあれ今回1台注文してみました。使い勝手がよかったらオフィス用にもう1台買ってもいいかも。