WordPressのTwitter連携をSimple TweetからJetpackに変えてみる


WordPressで構成した当ブログに投稿が行ったとき、Twitterに自動反映させるため、いままで「Simple Tweet」というプラグインを使ってきました。

Simple Tweet (WordPress)

ただこのプラグイン、ソースコードを見る限り従来のTwitter API v1.0を使用していて、このままでは今年3月5日以降使用できなくなります。自分で書き換えようとも思いましたが、現状使用しているAPIが(移行先のAPI v1.1では提供されていない)XMLを返却するタイプで、修正規模が大きくなりそうな雰囲気。

というわけで代替策を探したのですが、今までなんとなくインストールしてあった純正プラグイン「Jetpack」にTwitterへの自動投稿機能が含まれていることを知り、さっそく設定してみました。

image

設定方法そのものはよくあるOAuth画面で連携させる手順なのでここでは省略。テストした限りは正しくTwitterに投稿されるようです。Jetpackが内部的に使用しているTwitter APIのバージョンはうかがい知ることはできませんが、まあ名の知れたところですし対応してくれるのではと期待しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.