SugarSyncはアカウントを作った時期で仕様が変わる


製品仕様変更に関する重要なお知らせ (SugarSync)

DropboxやSkyDrive、Google ドライブなど、いわゆるオンラインストレージのサービスが盛んになってきていますが、そんな中でも比較的歴史があり多機能な「SugarSync」を再評価しようと思っています。というのも最近SugarSyncがバージョンアップして使いやすくなったという話を聞きつけたからです。

とにかくすべてをPCと同期することが前提となるDropboxなどと異なり同期するフォルダを選べたり、PC上の任意フォルダを同期対象にできたりと、より多機能なSugarSyncですが、慣れればいろいろ柔軟な運用ができそうです。

ちょっと気になっているのは今回のバージョンアップに伴い、アカウントを作った時期によって仕様が微妙に変わること。もともとすべてのPCに同期できる「マジック  ブリーフケース」と、サーバー上だけにファイルを保持する「ウェブ アーカイブ」という特別なフォルダがデフォルトで用意される仕様でしたが、今回のバージョンアップ後に作ったアカウントでは前者が「My SugarSync」に名称変更、後者は存在しません。古いアカウントにおいては前者はPC上で対応フォルダの名前を変えることで最新仕様に追従できますが、後者については「ウェブ アーカイブ」フォルダを削除できないため最新仕様に追従できない事態となっています。

「ウェブ アーカイブ」が残っていたからと言って別に実使用に支障はないのですが、なんとなく気になったり。

SugarSyncに関してはこのほか、アカウント作成時期によってログインページのURLや設定画面のレイアウトが異なっていたりと、今一つ統一が取れていない印象があります。この辺が整理されたらメインで使いたいんですけどね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.