ブラウザ群雄割拠となるか? 新レンダリングエンジン、Googleの「Blink」とMozilla・Samsungの「Servo」


Google、WebKitに代わる新レンダリングエンジン「Blink」を発表 (ITmedia)
MozillaとSamsung、Android向け新レンダリングエンジン「Servo」を発表 (ITmedia)

ここでいるレンダリングエンジンというのはHTMLをWebページの形式に表示する中核処理を行うコンポーネントですね。現行のChromeやSafariは「WebKit」、Firefoxは「Gecko」、Internet Explorerは「Trident」と呼ばれるレンダリングエンジンを使用しています

iPhoneやAndroidスマートフォンの普及や、PCでもChromeのシェア拡大により、最近ではWebKitの勢力が拡大していますが、そんな中での新エンジンです。Googleの「Blink」はWebKitの制約から逃れるためにWebKitからコードをフォークするようなので当面はWebKitと親戚筋ですね。一方Mozilla・Samsungの「Servo」はAndroidとARMをターゲットにした新エンジンです。プログラミング言語からして「Rust」と呼ばれる新しいものを使うということで、こちらのほうがよりアグレッシブかも。

選択肢が増えること自体は悪いことではないですが、開発者サイドの意見としては互換性だけは確保してほしいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.