【実践編】定期入れにICカードセパレーターを入れてSAPICAとKitacaの干渉に備える


ナフ-W1 ICカードセパレーター 両面パスタイプ (Amazon)
ナフ-W2 ICカードセパレーター片面パス・片面ガードタイプ (Amazon)

札幌地下鉄などで使えるICカードサービス「SAPICA」が、6/22からJR北海道の「Kitaca」など他カードの利用を可能にするため、今までできていた「SAPICAとKitacaを両方定期入れに入れてかざす」ことができなくなります。この問題をスマートに解消するのがICカードセパレーターです。自分の場合両面パスタイプを用いて以下のように定期入れに入れています。

iccard_separator

Kitaca-ICカードセパレーター-SAPICAの順に重ねる格好ですね。こうするとそれぞれのカードの「ICカードセパレーターに接していない側」だけが反応するようになるため、どちらの向きをかざすかによってKitacaとSAPICAを使い分けることができます。

今のところ読み取りエラーは発生していないので、しばらくこれでいこうかと。ただし6/22以降「札幌地下鉄でKitacaの側をかざして間違って引き落とされてしまう」事象は利用者の問題で、ICカードセパレーターでは解決できませんのであしからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.