Windows Live WriterをアップデートしたくてWindows Essentialsのインストーラーを走らせるとMessengerが復活する


「Windows Essentials」に同梱の「Windows Live Writer」に脆弱性、最新版で修正済み (窓の杜)

個人的に替えの利かないオンリーワンソフトウェアと思っているMicrosoftのブログ投稿ソフト「Windows Live Writer」に脆弱性があるということで、さっそくアップデートを…と思ったのですが、このソフト、メニューにアップデートの項目がないんですね。仕方がないのでWindows Live Writerを含む「Windows Essentials」のインストーラーをダウンロードして再実行しました。

アップデート前がこちら。

image

アップデート後がこちら。バージョン番号が増えていますね。

image

それはいいんですけど、Windows Essentialsのインストーラーを走らせると、すでにサービスを停止している「Windows Live Messenger」が再びインストールされてしまうのが気になったり。サービスが終わったソフトはセットから外しておいてもよいのではないかと思います。

まあMessengerでログインしようとするとこんな画面が出てきて、

image

結局またSkypeに更新されるので、いいといえばいいんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.