2.5GHz帯BWA追加帯域の申請開始、ゲットするのはUQかWCPか?


広帯域移動無線アクセスシステムの高度化のための特定基地局の開設計画に係る認定申請の受付 (総務省)
2.5GHz帯の追加割り当て、総務省が申請受け付けを開始 (ITpro)

広帯域移動無線アクセスシステム(BWA)は、現在国内において、UQコミュニケーションズが提供する「UQ WiMAX」と、ソフトバンク系列のWireless City Planning(WCP)が提供する「AXGP」(もっとも有名なサービス名は「SoftBank 4G」)が提供されています。

これらのサービスはいずれもTDD(Time Division Duplex)用の2.5GHz帯で提供されていますが、この2.5GHz帯について、追加の25MHz幅(2,625~2,650MHz)が割り当てられるべく、認定申請の受付が開始されました。

現実問題として追加帯域についてもUQとWCPの申請が有力でしょう。どちらに割り振られるか(あるいは両方に分けるのか)興味深いところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.