フレッツ光ネクスト「v6プラス」に対応したプロバイダーを探していたら意外なところが見つかった


新サービス「V6プラス」提供開始しました。 (アピオン)

有名どころでは@niftyが対応を表明した、フレッツ光ネクストのIPv4 over IPv6サービス「v6プラス」ですが、他に対応開始したプロバイダーがないかなーと探していたら、「アピオン」というプロバイダーがすでに提供開始している様子。

image

ホームページには「鳥取倉吉のインターネットサービスプロバイダーのアピオン」と書かれており、地方に根差したサービスを行っているようです。v6プラスはその仕組み上、通信経路はすべてJPNEのものとなり、プロバイダー自身の負荷は小さいといわれているため、このような地方プロバイダーにこそ有用なサービスなのかもしれません。v6プラスのサービス概要図を見ても、利用者のトラヒックはすべてJPNE経由でインターネットに流れ、ISP事業者が蚊帳の外に置かれている様子がわかります。

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.